×

連載・特集

知られざるヒバクシャ 劣化ウラン弾の実態 第3部

■特別編集委員 田城明

 湾岸戦争やイラク戦争などで使用された劣化ウラン弾。広がる人体、環境への影響に国際的関心も高まっている。米・英・イラクなどで取材し、2000年に連載した「知られざるヒバクシャ 劣化ウラン弾の実態」は、本格的なリポートとして今もその意義を失っていない。

第3部 汚された大地 (米国)

<1>暴露 放射能兵器を試射 内部告発受け確信 (2000/5/14)



<2>少数派住民 生活防衛口つむぐ 被抑圧の歴史映す (2000/5/15)



<3>オープンエア 大気中での実射否定 標的に戦車使わず (2000/5/16)



<4>核依存体質 州、大学・企業後押し 監視機能が働かず (2000/5/17)



<5>負の遺産 80年重なる汚染深刻 健康調査は未着手 (2000/5/18)



<6>武器廃棄所 処分量「湾岸」の20倍 爆破音に住民不安 (2000/5/19)



<7>闘病家族 妻と娘 次々に発病 「爆破中止」軍を提訴 (2000/5/21)



Special Reports 劣化ウラン弾関連施設


関連特集 ウラン鉱山跡の廃棄物問題

年別アーカイブ