×

連載・特集

知られざるヒバクシャ 劣化ウラン弾の実態 第1部

■特別編集委員 田城明

 湾岸戦争やイラク戦争などで使用された劣化ウラン弾。広がる人体、環境への影響に国際的関心も高まっている。米・英・イラクなどで取材し、2000年に連載した「知られざるヒバクシャ 劣化ウラン弾の実態」は、本格的なリポートとして今もその意義を失っていない。

第1部 超大国の陰 (米国)

<1>誤射 体中に破片食い込む 骨がん? 苦闘の日々 (2000/4/4)



<2>戦場ツアー 汚染知らず駆け回る 進む病状 職就けず (2000/4/5)



<3>二次汚染 性交渉で妻にも被害 夫、危険性教わらず (2000/4/6)



<4>遅れてきた戦死者 8年間の痛みの果て 究明を待たず自殺 (2000/4/7)



<5>27分の命 長男らに先天的障害 危険知らずに出産 (2000/4/8)



<6>看護兵 前線従軍 免疫性失う 「癒し」求め敵国訪問 (2000/4/9)



<7>防護テスト 教育ビデオ日の目見ず 軍 世論反発危ぐ? (2000/4/11)



<8>法制定 退役軍人の疾病深刻 不十分な治療と補償 (2000/4/12)



<9>国防総省 疾病との関係認めず「科学的な裏付けない (2000/4/13)



<10>ロビー活動 病との因果関係追究 政府に補償求める (2000/4/14)

年別アーカイブ