ニュース

日中韓の若者 交流深めて 来月から韓国でキャンプ

 NPO法人ワールド・フレンドシップ・センターは7月30日~8月6日、日本、中国、韓国の中学、高校生を対象に「北東アジアユースピースキャンプ」を韓国で開く。参加希望者向けの説明会が今月14日午後4時半から広島市西区東観音町の同センターである。

 ソウル市近郊のキャンプ場や市内のホテルに宿泊。スポーツやゲーム、料理などのプログラムを楽しみながら、交流を深める。

 各国から8人程度の参加を募る。往復旅費のみセンターが負担。宿泊代などで参加費4万5千円が要る。コーディネーターとしてキャンプに同行する広島修道大のジム・ロナルド教授は「日中、日韓関係の緊張が続く。次代を担う若者が先入観を打ち破り、相互理解を深める場になれば」と参加を呼び掛けている。同センターTel082(503)3191。

(2014年6月13日朝刊掲載)
ページTOP