×

被爆地広島 地元紙の原爆平和記事

  • すべて
  • ニュース
  • 連載・特集
  • 社説・コラム
  • [ザ☆定番!] 鶴亀もなか(御菓子所高木) 平和への思い練り込む

    23年2月2日 社説・コラム

     もなかの皮に付けられた鶴と亀をあしらったマークが、ひときわ目を引く。「鶴は千年、亀は万年」。長寿や慶事を連想する菓子には、御菓子所高木(広島市西区)の開発者の平和への思いも込められている。  戦前は、現在の十日市本店(中区)がある場所でぜんざいなどを出す和風喫茶店を営んでいた。1945年8月6日の原爆で店は全壊。創業者の高木松次郎さんも犠牲になった。おいの神谷明雄さん(10~95年)が...

  • 23年1月31日 社説・コラム

    『今を読む』 フリーランス記者 宮崎園子(みやざきそのこ) 図書館問題に見る広島市政

    結論ありき 異論に耳貸さず  広島市中央図書館を、市出資の第三セクターが運営するJR広島駅前の商業ビル「エールエールA館」に移転する―。1年半ほど前に市が...

  • 23年1月28日 社説・コラム

    [ひとコト] 平和の願い 菓子に託す 東京

     「菓子は平和の食べ物という私たちの思いが、徳川家広さんの思いと通じた」。菓子製造販売のにしき堂(広島市東区)の大谷博国社長は新商品の誕生を感慨深げに喜ぶ。家広...

  • 23年1月28日 社説・コラム

    『潮流』 スラム街の記憶

    ■特別論説委員 岩崎誠  忘れ難い記憶がある。10年余り前のインド視察の旅の折、巨大都市ムンバイの中で100万人以上が暮らすスラム街を訪れた。ここに生まれ...

  • 23年1月28日 社説・コラム

    『今を読む』 広島大名誉教授 利島保(としまたもつ) 放影研の広島大霞地区移転

    国際人材養成 新たな使命に  放射線影響研究所(放影研、広島市南区)の広島大霞地区(南区)移転が新年度政府予算案に事業費として計上されたとの記事を...

  • 23年1月27日 社説・コラム

    社説 ウクライナ支援 露の横暴 食い止めねば

     ロシアの侵攻を受けたウクライナを支援するため、ドイツが主力戦車レオパルト2の供与を決めた。ポーランドやフィンランドといった、他国が所有する分の提供も認める、と...

  • 23年1月24日 社説・コラム

    天風録 『「包摂」もどき』

     その2文字が、首相の国会演説に現れたのは13年前、旧民主党政権の時だった。年間の自殺者が3万人を超え、孤立という難題が持ち上がっていた。誰も置き去りにしない―...

ピックアップ

  • まんが 被爆地の新聞社
  • ヒロシマの声
  • 広島サミット
  • 被爆75年プロジェクト 原爆ドームの3Dデータ
  • 1945 原爆と中国新聞
  • ヒロシマの空白 被爆75年
  • 広島の空白-街並み再現-
  • 平和記念公園を歩く
  • 被爆前の広島

証言 記憶を受け継ぐ

『記憶を受け継ぐ』 嘉屋重順子さん―10人家族 姉2人を失う
『記憶を受け継ぐ』 福田末子さん―姉を奪われ 戦後は困窮
『記憶を受け継ぐ』 原田浩さん―人の体を踏んで逃げた
『記憶を受け継ぐ』 塩冶節子さん―5歳が見た 凄惨な光景
『記憶を受け継ぐ』 田中熙巳さん―伯母を焼き泣き崩れる
記事一覧

ジュニアライター発信

中国新聞ジュニアライターの中高生

『ジュニアライター発』 ホロコースト伝える絵本 偏見や差別と向き合って

 ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺(ぎゃくさつ))の生存(せいぞん)者の実話をもとにした絵本「ホロコーストを生きぬいた6人の子どもたち」が出版されました。ナチス・ドイツによる迫害(はくがい)体験と、戦後の人生が漫画(まんが)で描(えが)かれています。  主人公はポーランドやオランダに住んでいた子どもたち。第2次世界大戦中に、「ユダヤ人だから」という理由でナチスに「逮捕(たいほ)」されま

記事一覧

吉永小百合 原爆詩を読む

中国新聞創刊130周年記念

俳優の吉永小百合さんは、これまで胎内被爆者の芸者を演じた「夢千代日記」などに出演してきたほか、原爆詩朗読CD「第二楽章」を制作しています。中国新聞創刊130周年記念として、3編の朗読映像を公開します。(写真は三浦憲治氏撮影)

動画で平和発信

[ヒロシマの声 NO NUKES NO WAR]ホロコースト記念館館長 吉田明生さん(53)

 ロシアが核の脅しを強めています。核も戦争もない世界を―。ヒロシマの声を今こそ世界に響かせようと、新キャンペーンを始めました。記事と動画は英語とロシア語でも発信していきます。国を超えてヒロシマの声を広げてください。 記事はこちら Hiroshima Voices: “No Nukes, No War” Akio Yoshida, 53, director general, Holo...

動画一覧

遺品 無言の証人

被爆以来、高橋さんの右手人さし指に生え続けた異形の爪=1972年、高橋昭博さん寄贈(撮影・浜岡学)

記事一覧

学ぼうヒロシマ
平和学習新聞

2022年度改訂版