×

被爆地広島 地元紙の原爆平和記事

  • すべて
  • ニュース
  • 連載・特集
  • 社説・コラム

ピックアップ

  • デジタルストーリーテリング
  • ヒロシマの声
  • 広島サミット
  • 広島サミット特別紙面
  • 広島の空白-街並み再現-
  • 被爆前の広島
  • まんが 被爆地の新聞社
  • 被爆75年プロジェクト 原爆ドームの3Dデータ
  • 1945 原爆と中国新聞
  • ヒロシマの空白 被爆75年
  • 平和記念公園を歩く

証言 記憶を受け継ぐ

『記憶を受け継ぐ』 栗栖三さん―被爆 1ヵ月意識戻らず
『記憶を受け継ぐ』 田丸芳嗣さん―惨状や臭い トラウマに
『記憶を受け継ぐ』 畑口実さん―消えぬ憎しみ超え語る
『記憶を受け継ぐ』 近藤康子さん―4歳で歩いた焦土の街
『記憶を受け継ぐ』 裵昭子(ペソジャ)さん―奪われた父 消えぬ思慕
記事一覧

ジュニアライター発信

中国新聞ジュニアライターの中高生

[ジュニアライターがゆく] 歌い継がれる 平和の歌

 被爆地広島には原爆や平和をテーマにした歌がたくさんあります。5月に広島市中区であったひろしまフラワーフェスティバルのステージで、中国新聞ジュニアライターが合唱した「アオギリのうた」もその一つです。どんな歌が、いつ誕生(たんじょう)し、どのように受け継(つ)がれているのでしょうか。長年、平和への願いを込め歌声を響(ひび)かせてきた広島合唱団(広島市中区)などに取材しました。 届けヒロ

記事一覧

動画で平和発信

2024ひろしまフラワーフェスティバル 中国新聞ジュニアライターのパネル発表

 中国新聞ジュニアライターたちが5月3日、バラステージに登場。被爆の焼け野原から緑豊かに生まれ変わった平和大通りについて、取材した成果を発表した。 記事はこちら...

動画一覧

遺品 無言の証人

焼け跡から見つかった化粧品類。右は内田サヨ子さんのコンパクト=2017年、石井ミホカさん寄贈。中央は化粧水瓶=1977年、武田シヅコさん寄贈。左は化粧クリーム瓶=79年、中村利代さん寄贈(撮影・山田尚弘)

記事一覧

学ぼうヒロシマ
平和学習新聞

2022年度改訂版