ニュース

高浜4号機再稼働に抗議 被爆者 広島の慰霊碑前座り込み

 関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)の再稼働に対し被爆者や市民たち59人が18日、広島市中区の平和記念公園で座り込み、抗議した。

 広島県原水禁と県平和運動センターが呼び掛け。原爆慰霊碑前で午後0時15分から約30分間、「福島をくり返すな!」と書かれた横断幕などを掲げた。高浜原発で昨年の稼働中に電気系統のトラブルで緊急停止したことなどを挙げて「危険な原発に頼らないエネルギー政策」と「すべての原発の廃炉」を求める抗議文を読み上げた。

 参加した安芸区の被爆者、豊永恵三郎さん(81)は東京電力福島第1原発事故の被災者への差別を懸念。「私たち被爆者がかつて受けた差別と同じ。その悲劇を繰り返しかねない再稼働を強行する政府や電力会社の考えは理解できない」と話した。(森戸新士)

(2017年5月19日朝刊掲載)
ページTOP