ニュース

世界のリーダーよ 広島で学べ ジャクソン・ブラウンさん 平和願いメッセージ 

 1970年代の米西海岸ロックを代表するシンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンさんが、デビュー45周年を記念した日本ツアーを前に、公演のある広島のファンにメッセージを寄せた。社会派の顔も持ち、広島で何度も歌っているブラウンさんは、北朝鮮を巡る政治状況に懸念を示し、「リーダーは広島を訪れ、原爆がもたらす結果を学ぶべきだ」と訴えている。

 メッセージでブラウンさんは、広島は「特別な場所」で、「原子力、核兵器の脅威がない未来のために闘っている者に、戦争の犠牲になるのは子ども、女性ら罪のない人だと教えてくれる」とする。世界のリーダーが広島を訪れれば、紛争の解決に核兵器を使おうとは想像しないはずだ―と語る。

 現在の米国と北朝鮮の緊張状態を、「核拡散が始まって以来、最も恐れていたシナリオ」と指摘。「不安定な2人のリーダーが自国の利益だけ見つめて、互いに脅し合い、世界を核による破滅の脅威にさらしている」と、トランプ大統領、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の双方を批判している。

 2年前の広島公演では、客席から「広島を忘れないで」の声が飛んだ。ブラウンさんは「絶対忘れないよ」と応え、「原爆を落とした国から来て演奏するのはとてもヘビーなこと。皆さんが僕たちのインスピレーション(ひらめき、動機)になっている」と語った。そのやりとりは、デビュー45周年記念アルバムに収録されている。

 広島公演は24日、広島市中区の広島文化学園HBGホール。夢番地☎082(249)3571。(増田泉子)

(2017年10月5日朝刊掲載)

 ジャクソン・ブラウンさんのメッセージ全文は次の通りです。10月7日付の中国新聞SELECT(セレクト)にも詳報を掲載。

Q 現在のツアーメンバーはご自身が理想のバンドと言われています。 前回の来日公演から更に熟成されたパフォーマンスが期待されますが、今回はどんなステージ、曲目になりますか?

This is my all-time favorite band. Greg Leisz and Val McCallum are constantly improvising and playing to each other, and they inspire the whole band.
今のが一番好きなバンドだ。Greg LeiszとVal McCallumは常にインプロビゼーションをしていて、お互い刺激し合いながらバンド全体をインスパイアしている。

Also, we are bringing both of my singers, Chavonne and Alethea, who together have a unique sound, and who make it possible for to get into some "deep cuts" for our set list each night.
また、シンガーのChavonneとAletheaを二人とも連れて行くが、彼らは二人でとてもユニークなサウンドを生み、毎晩よりディープな曲をいくつかできるようにしてくれる。

And Jeff Young, whose singing and organ playing give my music it's emotional backdrop, is joined by Bob Glaub and Mauricio Lewak on bass and drums, making this my best rhythm section to date.
Jeff Youngの歌とオルガンは私の音楽の背景を成し、ベースとドラムはBob GlaubとMauricio Lewakで、これまでで最高のリズムセクションだ。

Q 今までライブ・アルバムをリリースしていませんでしたが、ここにきて「Live In Japan」のリリースが発表されました。何か日本のファンに対する特別な思いがあってリリースを決められたのでしょうか?

There was a very special feeling in our shows during the last tour.
前回のツアーのショーでは何か特別なフィーリングがあった。

It gave me the idea of releasing some of the highlights of the tour as a memento for my fans.
ファンへの記念品としていくつかツアーのハイライトをリリースしたらどうかと考えた。

This recording reflects the feeling of those shows. I think of it as a companion to my latest studio album, Standing In The Breach.
このレコーディングは私のショーに対する気持ちを表している。最新スタジオアルバムStanding In The Breachのコンパニオンアルバムと思っている。

Q 「Live In Japan」に収録されている”The Crow On The Cradle”のMCでは広島に対する思いが語られています。今回のツアーにも広島公演が予定されていますが、広島のファンの前でプレイすることで気持ちの変化はありますか?

I was asked by a fan during our Hiroshima show - "Jackson! Don't forget Hiroshima!"
広島のショーでファンに言われたんだ「ジャクソン!広島を忘れないでくれ!」と。

As I said then, Hiroshima holds a special place in our hearts.
その時にも言ったが、広島は私の心の中に特別な位置を占めている。

For all those who continue to work for a non-nuclear future and a world without the threat of nuclear weapons, Hiroshima illustrates that it is the innocent who pay the price for the world's wars - children and women and the elderly.
原子力、核兵器の脅威がない未来の世界ために戦っている者に取っては、広島は教えてくれるんだ、世界の戦争の犠牲になるのは子供、女性、年配の方々と言った罪のない人たちだと言うことを。

All the leaders of the world should come to Hiroshima and study the effects of a nuclear blast.
世界中のリーダーが全員広島を訪れて原爆がもたらす結果を学ぶべきだ。

If they did, they could never imagine "the nuclear option" as a resolution to conflict.
そうしたら、紛争の解決策の一つに核兵器のオプションがあると言うことを決して想像もしないはずだ。

Q ラブソングとともに政治状況や核問題に警告を鳴らす歌も世に出しています。(例えばLives In The Balance)。現在の米政権のありようや北朝鮮をめぐる国際政治状況は、あなたの目にどう映っていますか?

What is happening now with North Korea and the United States, where two clearly unstable leaders are threatening each other for the benefit of their own standing in the eyes their own people, and in so doing, threaten the entire world with nuclear holocaust - is is this very scenario that the world has feared since nuclear proliferation began.
いま北朝鮮と米国で起きていることは、原爆の拡散が始まって以来世界が恐れていたシナリオそのものだ。不安定はリーダーが二人、自国の国民に対する自身の立場が有益になることしか見つめず、お互い脅しあい、その結果、世界中を核による破滅の脅威にさらしている。

I wish that it was not my country that has allowed this situation to progress to the very brink of nuclear war.
核戦争の瀬戸際まで状況を誘導したのが私の国のリーダーであってほしくなかった。

I do not have to explain why Kim-un Jong is the leader of North Korea... he is a dictator.
金正恩に関して私が説明する必要はない。彼は独裁者だ。

But I cannot explain why Donald Trump is the President of the United States, except to say that it is the failure of my country's political system, and of our culture.
しかし、私はドナルド・トランプがアメリカ合衆国の大統領であることは説明できない。ただ、私の国の政治のシステム及び文化が失敗したとしか言えない。

Q 来日公演を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

I am grateful for the chance to make my music in your country again. あなたの国で再び自分の音楽を弾けることにとても感謝している。

It is always a pleasure to be with you, and I hope my songs and my band continue to give you good feelings in the moment, insight into the nature and meaning of this shared life, and the courage we all need to find our purpose in this world.
あなた方と時間を過ごせるのは本当にうれしいことだ。私の歌と私のバンドにより、あなた方のひと時に喜びが訪れ、共に生きている人生の性質とその意味の理解を深め、この世の中で生きる意義を見つける勇気が得られればと願っています。

ページTOP