ニュース

「復興と平和構築」18日に国際シンポ 広島

 「復興と平和構築」をテーマとした国際シンポジウムが18日午後1時から、広島市中区東千田町の広島大東千田未来創生センターである。同大平和科学研究センターの主催。

 戦争や紛争だけでなく自然災害なども含めて、甚大な被害を受けた社会と地域の暮らし、人々の絆をどう再生させるのか、という幅広い観点から議論する。

 仙台市にアトリエを構え、東日本大震災の復興住宅の設計などに携わる建築家の阿部仁史氏が基調講演。北アイルランド紛争の和平交渉に参加した欧州対外行動庁(EEAS)のケイト・ファーロン特別顧問らが討論に参加する。

 「シンポ申し込み」と明記して名前と電話番号またはメールアドレスを書き、17日までに事務局にファクスかメールで申し込む。定員100人で、空きがあれば当日参加も可。ファクス082(245)0585、メールheiwa@hiroshima―u.ac.jp

(2017年11月14日朝刊掲載)
ページTOP