ニュース

竹屋の被爆樹木巡ろう 23日 広島市中区

 広島市中区の竹屋公民館は23日、竹屋地区の被爆樹木について学ぶ講座を開く。参加者を募集している。

 講座は午前10時~正午の2時間。同公民館を拠点に原爆慰霊碑のガイドボランティアをしている市民グループ「ヒロシマ」のメンバーが講師を務める。爆心地から約940メートルの金龍寺で被爆し、辛うじて残った根元から再生したとされるクロガネモチや、市役所の敷地内にある被爆桜を見て回る。

 ヒロシマの玉置和弘代表(50)は「石や建造物と異なり、変化しながら生き続ける被爆樹木から力強さと被害を実感してほしい」と説明。特に若い世代へ参加を呼び掛ける。

 小学生以上が対象で参加無料。小学生は保護者同伴で参加できる。希望者は22日までに電話で申し込む。竹屋公民館☎082(241)8003。(鐘尾佳子)

(2018年6月14日朝刊掲載)
ページTOP