平和記念公園(爆心地)街並み復元図

  広島市中区の平和記念公園となった爆心地一帯の旧中島本町、材木町、天神町北組・南組、猿楽町、細工町の世帯や事業所を復元している。

中国新聞が1997年から2000年にかけ特集連載した「ヒロシマの記録―遺影は語る」のまとめで制作。1945年8月6日、爆心地一帯にいた一人ひとりの生と死を追い掛け、旧住民・遺族の協力を得て、世帯・事務所、政府の命令による建物疎開、移転を明記した。家屋配置は1927年の「市街家屋図」(国立公文書館所蔵)などを参照。店舗名は一部、42年の広島電話番号簿の記載に基づく。復元図は、市が平和記念公園内の旧4カ町に2008年設置した説明板で使用されている。

平和記念公園(爆心地)街並み復元図(PDF/7931KB)

PDFファイルをご覧いただくためには、AdobeReaderが必要です。 アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ページTOP