×

動画で平和発信

『記憶を受け継ぐ』笹口里子さん(90)
 原爆投下からわずか3日後、焼け野原となった広島市内で運行を再開した路面電車は、「一番電車」と呼ばれ、復興の象徴として語り継がれてきました。当時14歳だった笹口里子さん(90)は、一番電車の車掌を務めました。

関連記事はこちら
【ヒロシマの空白】梶山ハルさんの遺骨 76年越しに家族の元へ
被爆アオギリの下で戦争体験を語る晩年の沼田鈴子さん
 2008年6月、東京から訪れた修学旅行生たちに被爆体験を語る沼田鈴子さん(当時84歳)。「私が子どもたちに伝えなくちゃいけない」と、晩年まで被爆アオギリの下で証言活動を続けました。

関連記事はこちら
被爆証言を始めて間もないころの沼田鈴子さん
 1984年に撮影された沼田鈴子さんの証言ビデオです。沼田さんは、57歳だった1981年から被爆証言活動を始めました。

関連記事はこちら
「広島花幻忌の会」顧問 原時彦さん(87)に聞く
 ユネスコの「世界の記憶」に原爆文学関連資料の登録を目指す動きが広島市内で広がっている。被爆作家・原民喜のおいの時彦さんに、登録への意気込みや、民喜が被爆直後に惨状を記録した「原爆被災時の手帳」について思いを聞いた。

関連記事はこちら
ジョン・ハーシーの「ヒロシマ」を語る近藤紘子さん
 米国人ジャーナリストのジョン・ハーシー(1914~93年)が、75年前の8月、ルポ「ヒロシマ」を発表し、原爆の被害実態を明らかにした。ハーシーが聞き取りを重ねた6人のうちの1人である故谷本清牧師の長女・近藤紘子さん(76)=兵庫県三木市=が、「ヒロシマ」が世界に与えたインパクトや、自身の被爆体験などを語った。(聞き手は桑島美帆)

関連記事はこちら
『記憶を受け継ぐ』今西和男さん(80)
 サンフレッチェ広島の総監督を務めた今西和男さん(80)は、4歳で被爆しました。被爆の後遺症を乗り越え、地域のスポーツ振興に力を注いできました。

関連記事はこちら
『記憶を受け継ぐ』南口勝さん(90)
 県立広島第一中学校(広島一中、現国泰寺高)の3年生だった南口勝さん(90)は、12歳の弟修さんを原爆に奪われました。

関連記事はこちら
学生グループが英語で平和公園を案内
 県内の高校生と大学生のグループ「ユースピースボランティア」が、広島市中区の平和記念公園の慰霊碑などを英語で説明する動画を作った。
妹の遺品から伝えたい遺族の思い
 常設展示を刷新した原爆資料館本館で、被爆者の細川浩史さん(93)が寄贈した妹の遺品が展示されている。細川さんの長男洋さん(61)が父の思いを受け継ぐ。

本文はこちら
『記憶を受け継ぐ』岡部ひさ枝さん(95)
 岡部(旧姓大野)ひさ枝さん(95)は、 爆心地から約1・6キロの広島市千田町(現中区)にあった広島貯金支局で被爆しました。

関連記事はこちら
北広島の園児 壊滅前の広島を積み木で制作

年別アーカイブ